プールでなる耳の病気とは?中耳炎になると思ってません?




こんにちは!KUUです🐦

子どもの頃に毎日通っていたプール。
そのため、プールの水が耳に入ったりして炎症を起こしたり、風邪をこじらせることも多く、耳鼻科にはかなりお世話になりました。

なので、耳鼻科の常連だった私。子どもなのに、生意気にも治療中に「痛くしないでね!痛くしたら怒るからね!」と先生に言っていました(笑)

皆さんもプールで耳に水が入ってしまったことがありますよね。

よく母親にプールの水が耳に入ったまま放っておくと病気の中耳炎になると言われていたのですが、本当なのでしょうか?

耳

ちょっと気になったので調べてみると意外なことが分かりました!

スポンサーリンク

中耳炎ではなく外耳炎化かも?

実は、耳鼻科の先生いわくプールの水やお風呂の湯が耳に入って中耳炎になることは、鼓膜に穴が空いていない限りまずあり得ないことなんだそうです。

プールで耳に水が入って、耳が痛くなる場合は、ほぼ外耳炎もしくは鼓膜炎によるものです。症状としては耳が痛くなったり、聞こえが悪くなります。

外耳炎とは?

外耳炎とは、耳穴から鼓膜までの部分に炎症が生じることです。プールの水で耳に炎症が起きる場合は、ほとんど耳穴から鼓膜までですよね。

例えば、耳かきをした際に少し傷ができることがあります。その時にプールに入って雑菌が傷に入りこんで炎症を起こしたり、水が入ったからといってむやみに耳掃除をしたりするとことで、外耳炎になってしまいます。

泳いだ後に耳の中に入った水を長期間放置するのも雑菌が繁殖しますし、あまり強くゴシゴシと擦り過ぎるのもよくありません。耳の中に頑固に残る水は耳鼻咽喉科で取ってもらった方が無難です。プールで耳に水が入らないようにするには、耳栓をするのも良いそうです。

ちなみに中耳炎とは?

中耳炎は、鼻やのどに炎症があるとき、鼻と耳をつないでいる管(耳管)を通して中耳に感染が引き起こされます。
中には塩素系消毒薬の刺激で鼻の粘膜に炎症が起こる場合もありますが、多くは風邪を引いてしまって、その菌が鼓膜の奥に入りこむことで中耳炎になってしまいます。

鼻

なので、プールやお風呂の水が耳に入りこむことで、中耳炎になることは考えにくいですね。

耳垢掃除はどのくらいのペースがいいの?

耳垢掃除は1週間に1回程度が適当です。実は、耳垢は自然に押し出され、外に出て行きます。

綿棒

綿棒で掃除すると、奥へ押し込むこともありますし、傷をつけることもあります。あまり頻回に掃除をすると皮膚がただれて外耳炎の原因になりますので、耳掃除はやりすぎないほうが良いようですね。

私の息子は耳掃除が何故か大好きで毎日のように耳掃除してとせがんでくるのですが、
1週間に1回程度で良いんですね。息子に耳掃除のし過ぎは良くないんだよと言い聞かせるようにします。気持ちよさそうにしてるのですが・・・。

まとめ

ということで、プールでなる耳の病気について調べてみました。

今回のまとめとしては、

  • プールの水でなる病気はと中耳炎ではなく外耳炎の可能性が高い。
  • 中耳炎は、風邪などの菌の感染によって引き起こされる。
  • 耳掃除は外耳炎の原因になることがある。
  • 耳に傷や痛みがある場合はプールは入らないようにをする。
  • 耳垢掃除は1週間に1回程度が適当である。

ということです。

なぜか、プールの水でなる病気は、中耳炎だと勝手に思いこんでいました!
思い込みってこわいですね。

私も息子とプールや海に行く前には、耳に痛みや傷がないか、気をつけたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事はこちら